に投稿

女性から好印象を持たれるクールでかっこいいスーツ姿

ビシッと決まったスーツ姿を好む女性は多いもの、だからこそなお更かっこよく見えるスーツを選びたいものです。サイズが自分のボディに合っていることも大事、スタイルを良く見せることができますことができます。適正サイズは着こなしも美しく、スタイルアップ効果があるのもメリットです。

光沢がありすぎてペラペラな生地だと、見た目にも安っぽさが強調されます。選ぶなら激安商品ではなく、生地感もしっかりとしている上質のスーツです。見落としがちですが小物にも気を配るのが大事、小さなことまで気が付くのが女性ですから、足の先端まで気を抜くことはできません。

靴はピカピカに磨かれていること、仕事の妨げにならぬようネクタイをネクタイピンでとめるなど、できることはたくさんあります。

に投稿

メガネ選び

スーツとメガネの組み合わせは、知的さが感じられることで人気があります。しかし、選び方を間違えてしまうと野暮ったくなるので、最適な選び方を知っておくべきです。まず、全体のテイストを考慮して選ぶことが大事だと言えます。スタイリッシュなスーツやフォーマルなスーツに、幅広でポップなタイプのメガネを合わせるとバランスが悪くなるはずです。ビジネスシーンであればメタルや薄型のフレームを取り入れることを検討してみましょう。ユニークな形状やカラフルな色合いを好む方もいるかもしれませんが、スーツにはマッチしない可能性が高いです。スクエアやボストン、ウェリントンなどの型に落ち着いた色合いをチョイスすれば、スーツに調和するでしょう。

に投稿

本来のレザー製品

現代では、動物たちの皮を利用したレザー製品(革財布、革鞄、革靴、革ジャケットetc.)を、通信販売や、店頭で気軽に購入する事が可能であります。

皆さんが、直接的に動物たちの皮を加工するような事は、実際には、生涯においてほぼ無いに等しいという表現が正しいとも思われます。

食肉の精肉を得る為の工程においても、同様の事が考えられ、人々は歴史の中で、分業制などが幅広い広がりをみせ、多くの人々が望まない社会的貢献は、一部の人の仕事と課したり、オートフォーメンショー化する事で、人間の手があたかも加わっていないような仮想空間に生きているような感覚である人もいるかもしれません。

そのような現代社会においても、身の回りのレザー製品は、時に人が「生きる」という意味を思い出させてくれるような1品でもあります。

に投稿

小銭入れを作るときのコツ

革財布の中でもポピュラーな種類である小銭入れですが、実は形も色々とあります。

例えば、ボタンで留められるボックスタイプのものや、丸みを帯びたきれいなフォルムが魅力的な馬蹄型、一般的な財布を小さくしたようなタイプのものなどがあります。その中でも、長い年月をかけて様々な職人が追求してきた馬蹄型の小銭入れは、小物の王様と呼ばれているとかいないとか。大人の男性なら、一つは持っておきたい作品だと思います。

馬蹄型の小銭入れを作るのにポピュラーな素材はコードバンと呼ばれる硬めの素材ですが、私はボックスカーフなんかもよいのではないかと考えてます。ボックスカーフは、生後半年以内の子牛のきめ細やかで薄く柔らかい皮に、クローム鞣しで処理をしたものです。

その素材を使って小銭入れを作るのですが、その時のコツとして、全ての箇所を「駒合わせ縫い」という方法で縫い合わせをしていくとよいと思います。これは少し難しい技術ではあるのですが、仕立てがよりキレイになると思います。

また、治具と呼ばれる形や角度をキレイに作り出すための道具を使うのもポイントのひとつです。馬蹄型はそれぞれのパーツが立体的に組み合わさって出来上がる作品なので、貼り付ける時に形を整えながら行うことで、きれいな仕上がりになります。

に投稿

長持ちの秘訣はクローゼットにある

大切なスーツを長持ちさせたいなら、クローゼットのカビ対策をするのが重要です。戸建て住宅でもマンションでも、クローゼットは非常にカビの温床になりやすいですし自宅もカビにやられたことがあります。その時は、かびた服はすべてクリーニングに出すか処分をしました。

そうならないためにも、定期的に換気をして除湿器をかけたりしていますがこれが結構効果的です。スーツは持っている服でもかなり金額が張りますし、気に行っているものがかびると残念なので定期的なクローゼットの手入れは必須です。特にウールやシルクは虫にもやられやすいので、除湿剤を定期的に入れ替えて工夫をしています。そうするようになって、かなりスーツも良い状態が保てています。

に投稿

フォーマル用とビジネス用の違い

結婚式などのイベントに参加する場合には、ビジネス用ではなくフォーマル用のスーツを着るのが基本です。フォーマルな洋服にはルールが多いため敬遠されがちですが、ビジネス用との違いをしっかり理解して使い分ける必要があります。冠婚葬祭や式典などの格式高い場面で使用するものには、モーニングや燕尾服の他にタキシードやブラックスーツなどがあります。ビジネス用は基本的に仕事の際に着用しますが、ブラックや艶のある生地ならば公式の場面でも使えます。ただしこのタイプのスーツが使えるのは冠婚葬祭や式典ではなく重要な商談や就職活動などのことです。フォーマル用は格式のある場面で着用するものなので一般的なビジネスの場面では使いません。ビジネス用のブラックは灰色に近いのに対して、フォーマル用は非常に深い漆黒という違いがあります。